小売店はCoiney(コイニー)とかのスマホ決済をやっぱ導入した方が良いよ。

タグ: , , , , ,


こんにちわ、ハマケンです。
突然ですが、クレジットカードは何枚お持ちですか?
クレジットカードの発行枚数は現在3億枚を超え、現在では国民一人当たり3枚程持っている
計算になるそうです。

その割には使える小売店や飲食店って少ないと思いませんか?
日本でのクレジットカードの利用率は非常に低く、まだまだ現金がメインの様です。

何故小売店や飲食店は導入しないのでしょうか。
この理由としては、大体以下の通りと言われています。

今日は現在のクレジットカード事情と今後の流れについてです。


Advertisement



クレジットカード市場について

クレジットカードの取扱高は平成25年の時点でついに40兆円に達しています。
(参考:クレジット関連統計 |一般社団法人日本クレジット協会

クレジットカードの加盟店舗数は、1300万店舗と多く見えそうですが、まだまだ使える
場所は少ない現状です。

ここで日本の個人消費におけるクレジットカード利用率を観てみましょう。(参考:フェアカード

国別 日本 アメリカ 韓国 イギリス
カード 12% 24% 58% 25%
現金 88% 46% 42% 47%
デビット・小切手 - 30% - 28%

なんと日本のクレジット利用率はたったの12%です。
カード保有枚数は一人あたり3枚なのに。
年々クレジットの利用額や利用率は増加はしていますが、この国別の差はなんなのでしょうか。

アメリカやイギリスのデビットなどの金額が多いのは、昔からの小切手文化のなごりだそうです。
日本人はクレジット決済=借金→悪という風潮があり、そのため利用率が増えないと言う見方もあります。

クレジットカードによる取引の流れ

クレジットカードのお金の流れを説明する上で必ず出てくるのが、
イシュアーアクワイアラーになります。

イシュアーとはカードを発行・管理している会社で、原則としてクレジットカード会社が担当です。
アクワイアラーも原則としてクレジットカード会社が担当しますが、こちらはカードが利用できる店舗を増やし、管理していく会社になります。イシュアーとアクワイアラー両方の業務を同じ会社が行う場合も多いとのこと。

つまり小売店がクレジットカードの決済を導入するとなると、VISAなどの国際ブランドと
直接やりとりする訳では無く、アクワイアラーに加盟する事で利用が可能な訳です。

ちなみにCoineyのアクワイアラーはクレディセゾンになります。
なのでCoiney利用者はクレディセゾンの包括加盟店扱いなので(多分)、
取扱いカード種類にセゾンAMEX、セゾンJCBが使えるという訳ですね。

冒頭でも記載していますが、加盟店はアクワイアラーに決済手数料を3~5%が必要になるので、
消費者が店頭で10,000円の商品を購入した時、手元に入ってくるお金は9,700円前後と言う感じ。

アクワイアラーは300円がそのまま利益になる訳じゃなく、実はインターチェンジ料金を
イシュアーに支払わなくてはなりません。

さらに国際ブランドに対しても手数料を支払うので、逆算的に加盟店の決済手数料は
比較的高めとなっていく訳です。とは言っても最終的に商品代金に乗っかってて、
消費者が一番しんどい気がするけど。

JCBなどは単独企業でカード発行から加盟店開拓まで全て自社で行っています。
ここら辺が腰が重いと言われる所以ですね。

と、こんな感じでクレジットカード会社は薄利多売のビジネスモデルの為
加盟店舗数や利用者数を増やす事が何よりも重要になります。

なので結果として色々インセンティブを付けて、一人あたりのクレジット
カード保有枚数が多い割に使われないカードが量産されていく、と。

小売店でのクレジットカードはこれからどうなるべき?

結論から言えば、クレジットカードは導入すべきです。

クレジットカードのデメリットは導入の面倒臭さや微妙に高い維持費、手数料、
そして大体が45日サイトの入金と言う現金化までの遅さにあった筈。

ですが、Coineyを代表としてこれらのデメリットはありません。
導入費、維持費は無料。決済手数料は3.24%とローコストです。
さらに入金サイトも一番早いスマホ決済では翌営業です。

そして海外での利用率の高さは、2020年を見据えると無視はできません。
どんどん海外の旅行者が増えるのに、向うで当たり前の決済が使えない
旅行者は財布が超ゆるいのに使えない。
そんなバカらしい機会ロスは防がなくてはなりません。

これは海外のお客だけにとどまりません。
クレジットカードを導入した飲食店などでは、顧客単価が高くなるということもあげられます。

彼女や家族とご飯に行った時、ちょっと財布の中を気にして、
数百円下のメニューを頼むより、クレジット使えるのを確認した方が良いですよね。

メニュー表の裏にクレジット使えるよって書いといてくれると、
安心する貧乏性な父親は僕だけでしょうかw

話はそれましたが、導入自体にハードルもコストもかからないので
あればとりあえず導入すれば良いんじゃない?と言う感じです。

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement