これは嬉しい話!本の要約サイト flier(フライヤー)の登録会員数が5万人超えを達成。

タグ: ,


こんにちわ、ハマケンです。突然ですが、最近皆さんは良い本に出会いましたか?
私は分厚いビジネス書の要約をしてくれるflier(フライヤー)のお陰で何冊か良い本に出会えています。

2013年末の初期サービスからflierを知っている訳ですが、嬉しい事に登録会員数が何と5万人超えたとの事です!

その当時の記事:MOVIDA Debut Dayで出会った、本の要約サイト『flier(フライヤー)』の頑張りがパない。

今も『毎月20〜30冊のオススメ書籍を追加』とあるので以前と変わらずのやり方でされていらっしゃる模様で、改めてスゴイと思った訳です。今日はそんなflierの記事を書いてから丸一年が経ったのと、5万人を超えたという事で改めてご紹介させていただきます。

本の要約サイト flier (フライヤー)


Advertisement



flierとは?

flier(フライヤー)は、サイト上で自分たちのサービスを以下の様に説明してます。

「本の要約サイトflier フライヤー」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身に付け、スキルアップにつなげることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。

大きい本屋で仕事で使えそうなビジネス書のエリアに行った際に、巧みなキャッチコピーで目移りした事や欲しい本が纏まらないと言った事はありませんか?

flierは数多ある本を大量に翻訳をしている訳ではございません。
が、話題の書籍など「今読むべき」をキャッチアップして要約があるので、ど真ん中の題材の本はあったりします。

私は読書家では無いので、flierから気になる本をピック→購入。と言ったサイクルで利用で十分満足なんですね。
と言うか、結構仕事上で話題の本は年配の方との話の種にもなるので、めっちゃ便利です。

サイトは有料、無料がありまして無料は無料公開されている20冊を閲覧する事が可能です。
有料は2プランあるので、以下のページで確認してくださいね。

サービス紹介 | 1冊10分で読めるビジネス書の要約サイト/おすすめ本を新刊から名著までご紹介

flierの取り組み。


flierは2015年からインタビューコンテンツも追加しています。
著名な方々から本を中心軸に据えた軽快、且つ読み応えがあるインタビューが結構面白いです。
個人的にはfreeeの佐々木さんのヤーツがおすすめ。

これ→freee誕生秘話~社会人経験をどう活かすか~ – 『起業の教科書』 出版記念スペシャルインタビュー vol.3

そして最近あったのに気付いた(ごめんなさい)のですが、library – fってコンテンツが刺さる人には刺さるんじゃなかろうかと。

library f (ライブラリーエフ)

社会人なら結構悩むコミュニケーション力アップ、マーケティング、キャリア本の切り口でオススメな本を紹介しているので、今なんか本を読みたいなーと言う方はこちらから入ってみても良いのではないでしょうか。ちなみに要約も準備されています。(無料版じゃないのもあるけど。)

トレンドに合わせた提供。

library – fを観ていて「おぉ・・・」と思ったのは、これでアナタも中国通!中国ビジネスを概観する5冊! – アリババ、シャオミ、ファーウェイのキュレーションを観た時です。

越境ECは間違いなく2016年のトレンドど真ん中を通っていくでしょう。
B2B然り、B2C然りですが、これは間違いないと思います。
そうなると中国市場は絶対に知っておきたい取引先国になる筈です。

ですが、結構中国ビジネスって金盾の影響で難しいんですよね。メール届かない時結構あるし(エラーメールすら返ってこない。)、FBやTwitterはないでしょ。Weibo、Wechatじゃないですか。

中国マーケティングは『【越境EC】神薬12、シャオミから学ぶ中国で成功するためのマーケティングとは。 | 60-minutes.biz』を読んで欲しい訳ですが、、。

話を戻してflier。
そのトレンドを良いタイミングでキュレーションはするし、要約を準備している訳ですね。
後はサイト内検索のキーワードを拾っても、「今、何を読みたい人が多いのか?」は取れる訳ですし。

トレンドをしっかり押さえて、厳選された本を要約と共に紹介してくれる。
ここら辺がflierさんのよく出来たビジネスモデルの仕組みだなと思います。
知識欲を上手く刺激する仕様なので、是非どんどん年別とかでアップデートしていって欲しいなと思う訳です。

いかがですか?
本をあまり読まないと言う方も是非一度覗いてみてはいかがでしょうか?
嬉しい事に昨年の10月から「日本語の翻訳書が出版されていない海外書籍」の要約もスタートしていますよ!

参考:書籍要約のフライヤー 海外書籍の要約を日英2カ国語で配信開始

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement