モバイル決済のSquare(スクエア)と仕入れサイトSuperDelivery(スーパーデリバリー)が提携。


こんにちわ、ハマケンです。
以前『ユビレジ × freee × スーパーデリバリー。最強の小売インフラトライアングルが完成か?!』と言う記事で、先進的な小売店像を伝えてから一年程時間が経ちました。

このトライアングルの中にモバイル決済も入れば面白いのになーと思っている間にもタブレットPOSのユビレジやモバイル決済のCoiney(コイニー)は次々とアライアンスを発表していった訳です。
参考:Coiney(コイニー)がユビレジでシームレスに使えるようになったよ!

ただし商品情報元の仕入れ先とPOSの連携は決して多かったわけではありません。
個人的には八面六臂とAirREGIしかなかったのではないかなと思います。
参考:鮮魚流通「八面六臂」が約4.5億円を調達–リクルート「Airレジ」との連携も – CNET Japan

中々難しい面も多いのかなとも思いましたが、今回再び仕入れサイトSuperDeliveryがSquareと仕入れサイトSuperdelivery(スーパーデリバリー)が連携を開始しました!

Square連携キャンペーン


Advertisement



モバイル決済だけでは無いSquare

また以前の記事で恐縮ですが、『ついにSQUARE(スクエア)がモバイル決済から進化し始めた。』と言う記事でSquareはモバイル決済からPOSの存在感を高める流れが垣間見えました。

そういう面から今回の連携はモバイル決済と・・と言う訳では無く、SquareのPOSレジと・・と言った方が正しい連携ですね。Squareレジは当然クレジット決済などのスワイプ処理がシームレスに行えるのは勿論のことですが、面白いのは近隣店舗や同業種との比較データがざっくりみれることです。
これは面白い。

POSやクレジットカードの導入はコストや手間など様々な面がありましたが、自動で商品データが登録出来たり、コストを最小限にしてクレジットカードの導入が可能になることなどは非常に魅力があるのではないでしょうか。
POS入れなくてもSquareなどのモバイル決済は飲食、美容、小売に関わらず消費者としては入れておいて欲しいものですね。

連携で出来る事


ユビレジの時と同じく仕入れた商品データがSquare側に取り込まれると言う仕組みです。
POSレジ連携なので、商品データ、販売データを活かして次回の効率的な仕入れに役立てるサイクルの提供が今回の内容。
便利ですね。

おぉ・・iPadが貰える!


今回の連携を記念してキャンペーンを実施していましたよ!
iPad mini、Squareリーダー、キャッシュドロア、レシートプリンタ、バーコードリーダーのレジ周り一式と仕入れサイトスーパーデリバリーの会費が最大3カ月無料になる権利が当たるそうです!
参加はSuperdeliveryアカウント(@superdelivery_J)をフォローして呟くだけだそうです。
キャンペーン詳細は以下をご確認ください。

Square連携キャンペーン

良いですよね、こう言ったインフラは低コスト、低リスク(さっと止めれる)ので、どんどん利用する小売店が増えれば面白いのかなと思います。

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement