ついにSQUARE(スクエア)がモバイル決済から進化し始めた。

タグ:


こんにちわ、ハマケンです。
ついに、と言うべきか必然と言うべきかとなると必然だとは思うのですが、モバイル決済のSQUARE(スクエア)がPOSにがっつりとイメージを変えてきた気がします。

その様子はSQUAREのページにある「SQUAREの商品」を押すと一番左に「SQUAREレジ」が表示される事からもSQUAREとしてのメインサービスはどれであり、どうして行きたいのかを何となく感じ取ることができます。

早速見ていきましょう!

Square – iPhone、Android、iPadでクレジットカード決済。


Advertisement



Squareレジ

SQUAREと言えば、Coiney、楽天スマートペイなどが競合であるモバイル決済だと言う認識が非常に強かった気がしますが、最近はレジの方にも力を入れ始めた様ですね。

SQUAREレジのでできる事に関しては、多くのタブレットPOSと同様で商品マスタを登録して、売り上げなどを簡易的に分析できるなどは当然実装されている様ですが、注目はSQUAREならではの「オフライン決済」ですね。

電波が悪い所であった場合、多くのモバイル決済は使えないのですが、SQUAREは使う事が可能です。(通信が可能になったタイミングでオーソリを取りにいってる。フリマとかに良いですね。)

このSQUAREレジを支えるサービスとして、決済としてのリーダーやインボイス発行、アナリティクス機能があり、これら決済手数料3.25%のみで全てを開放するのは中々えぇんちゃうかな?って思います。

さらにSQUAREインベントリを使えば在庫管理まで出来て、適正在庫を割った時にアラートを上げることも出来るみたいですね。定番の再発注とか出来ると便利なんですけどね。

SQUAREリーダー


リーダーの詳細は、『Square(スクエア),Coiney(コイニー),楽天スマートペイ,PayPal Here(ペイパルヒア)を比べてみた。』の記事でご確認していただければと思います。

決済手数料は3.25%。使えるカードブランドはVISA,MASTER,AMEX。特徴としてはオフラインモードを携えていて、キャッシュ化も最短翌営業日と言うことで早いこと。JCBが無いことが気になりますが、JCB持ってる人はVISAも持ってると思いますよ。

JCBってCATでも決済手数料が取分け高い傾向にあるのでJCB使えない店がありますしね。消費者はそれに備えて、VISAの一枚位は予備で持っているものです。

POSまで手を伸ばさなくても、クレジット決済を店舗に導入したい方は、まずはリーダーからでも良いと思いますね。

SQUAREインボイス


SQUAREインボイスは、スワイプではなくて、請求メールから決済を完了することが出来るサービスです。なので少し場所が離れた顧客とのFAXやメールなどでの受注処理を請求メールを送ることで完了することができます。これは便利かも。

請求メールの送信料金は無料。決済手数料は同じく3.25%。

SQUAREアナリティクス


これがヤバそう。すごく面白そうです。
POSの中での分析と言うのは、「いつ、どこで、誰に、何が、どれ位」と言った情報を表示するのが一般的です。が、SQUAREアナリティクスはこう表示があります。

地域や業種内での他店との比較も可能です。ビジネスデータを比較することで地域で一番のお店を目指しましょう。

なんと他店舗の参照データと自店舗を比較することができるっぽいです。
これは面白い。今までWEBサイトを作った場合、余程の理由が無い限りはGoogleAnalyticsなどのアクセス解析サービスを導入しますよね。

これは言わばWEBとしての当たり前。生き残ってグロースする為に必要最小限に含まれる準備な訳ですよね。だけどこれはWEBに限っての話。

今度は逆にリアルの店舗においての話。
小さい小売店に置いてあるレジを思い出して欲しい。
ほとんどはPOSレジでは無く、レシートだけが出力されるごく普通のレジでは無いでしょうか?これでは客観的なデータが何も残らない。

それはWEBサイト作ったけどアクセス解析用のコードを埋めこまない事と一緒なのではないか?と個人的には思う。

もし本気で小売店を地域で一番人気にさせ、成功したいのならばタブレットPOS、モバイル決済は必須なのだ。そしてその中でも決済とPOSが一体化されており、さらにAnalyticsができるSQUAREは魅力的に映る訳だ。

余談

この実店舗の中にAnalyticsの様な機能を持たせると言う視点は非常に面白いし、すごいビジネスチャンスがあると思う。

例えば店舗内にカメラを設置して俯瞰で撮影。アクセス解析でのヒートマップの様にどこに人が滞留しているのか、売り商品の展示場所にたどりついているのかどうか?これらをヒートマップの形で見れたりすると滅茶苦茶面白いのでは無いのか?とも思ったりする。

小売店Analyticsか。これは良い着想だ。

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement