USER LOCAL(ユーザーローカル)が公開した無料のTwitterリツイート分析ツールが面白い。

タグ: ,


こんにちわ、ハマケンです。
最近毎日の様に午後ロードを観ていまして、この生活を続ければ年間で200本位は映画を見ることができそうです。

さて、記事コンテンツ分析やヒートマップ、ソーシャルメディア分析などで注目を集めているUSER LOCAL(ユーザーローカル)がTwitterのリツイート分析ツールを無料で公開しました。つい先日『WEBマーケターは必見 !世界中のインフルエンサーが見つかるBuzzSumoが便利すぎる。』と言う記事を書いたので、インフルエンサーを使ったマーケティングをされていらっしゃる方は、よろしければそちらも読んでいただければと思います。

しかし、このRT分析ツールは面白いですよ。
今まではRTの数などはすぐに把握できましたが、誰がキーとなって拡散されているのかが解りませんでした。
このツールは視覚的に拡散具合を把握することができるのです。

ユーザーローカル – 無料RT(リツイート)分析ツール


Advertisement



RT分析ツール

USER LOCALのRT分析ツールは過去1週間のツイートを最大500件まで取得し、分析が可能です。
ちなみにこちらはピース又吉さんに対するタメ口の件にまつわる記事についてのRT具合。

いつ、どのタイミングで拡散しているのかも簡単に把握できます。

そして誰が、どんな感じでRTされているのかも見れます。

数字以外での評価ができるように

今までTwitterマーケティングをしている担当者はTwitterアナリティクスを使ったりする事が中心で、只単にTweetに対してどれ位のインプレッションやインタラクションがあったのかを検証をされていたのでは無いでしょうか。興味本位で何かしらインタラクションが発生したユーザーを通知から拾ったり、キーワードで探したりするかもしれません。
ただソーシャルメディアは波紋の様に次から次へと連鎖をしていくので、結局の所どこまで、どういう人に伝わったんだろう。と言う結構大事な部分を把握するのはかなり困難です。

が今度からそれがRT分析ツールがあれば、誰がいつ、どんな風にRTしてくれて、その人を中心にどれ位広がったのかを視覚的な情報として簡単に得る事が出来る訳です。これは良いな。

このツールとして個人的に注目していることは、とあるキーワードやコンテンツ、カテゴリにおいてインフルエンサーになっている人が解る事は勿論の事ですが、どんな人で一体何に興味を持っているのかを確認できることは多いですね。

今後も色々と便利なマーケティングツールが出てきそうですね。
ご興味ある方は是非一度使ってみてはいかがでしょうか?

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement