【動画】TOSHIBAは、17時間バッテリーで世界を変えられるか?

タグ:


こんにちわ、ハマケンです。
決算が不適切(なんで粉飾とメディアが言わないのかわかんないけど)だったと言うことで話題の東芝。

そんな中TOSHIBAのスタミナバッテリーを搭載したウルトラブック「Z20T」のプロモーション動画が閲覧数を伸ばしているようです。
スタミナが持つと言う事、挑戦と言うメッセージがストレートに伝わってくるので、動画プロモーションの王道として抑えておいて良いのではないでしょうか。


Advertisement



17時間で作品は完成するのか?

Z20Tを使って作品製作を行うのは、松山 智一さん。
ウィキより引用させていただきます。

ューヨーク在住アーティスト、画家、現代美術家。 岐阜県高山市出身。 絵画を中心に彫刻、インスタレーションなど多数発表し、デジタル時代における洋の東西を繋ぐというモチーフを鮮やかに作品化している。

通常数ヶ月、長いものになると一年掛かると言うことだそうですが、今回はその無茶なチャレンジ内容が面白い!と言うことで引き受けてくれたそうです。

今回の企画は以下の流れでスタートします。

  1. 日本のオフィスからスタート
  2. 素材などを都内で取得
  3. 成田
  4. 飛行機内で製作
  5. シドニー
  6. 作品を出力
  7. 展示会

かなりハードですね。

カウントダウンスタート。ACアダプターをプチッとな。

早速明治神宮に。

都内の様々な場所で素材を撮影します。

タクシーの中でも製作。

シドニーについても黙々と続けます。バッテリーは持つのでしょうか。。

さぁ一体どんな作品が完成したのでしょうか?!
最後は動画を観て楽しんでみてください!
それでは。

動画はこちら




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement