すべてのモノの百科事典。Sumally (サマリー) が面白すぎる。

タグ: ,


こんにちわ、ハマケンです。
いや、別の事を書こうと思ってたんですけど、Sumally (サマリー) のメルマガが面白くて(と言うかマッチングの精度が高すぎて)、こりゃSumally (サマリー) を書くしかないと思ったので、ご紹介します。

皆さんはSumallyをご存知ですか?
知らない方は是非やってみてください。
面白くて、抜けられなくなるかもです。

Sumally (サマリー)


Advertisement



Sumally (サマリー)とは

Sumallyは、自分が持っているお気に入りのモノや友人などが持っているモノをシェアし、それらについて「want(欲しい)」もしくは「Have(持ってる)」ボタンを押したり、コメントを残したりできる物欲刺激SNSだ。

現時点で100万点以上のアイテムが公開され、6,000万件以上のインタラクションと3,000万PV以上のトラフィックが生まれていると言う。

まさに「物欲刺激SNS」と言う名にふさわしく、言葉を介さず、まさに画像から伝わる感覚・センスにシンプルにwant、Haveをつけていくだけで自分のウォールを好きなモノで埋めることが出来る。
勿論フォロー、フォロワー機能に加え、Eコマースの機能も備えているのだ。

1分で解るSumally

気に入ったモノがあれば、Want or Have。

この様に自分のウォールが自分の好きなモノだらけになっていきます。

このモノの百科事典はつなぐだけではなく、購入もできる。
一部の商品ではあるが、Sumallyマーケットプレイスで購入が可能だ。

SumallyのWantにこそ最大の魅力がある。

小売店を実際に店でやったり、ネット通販を営んだ事がある方は解ると思うが、「今、お客となるターゲットが何を欲しがっていることを知りたい」と思ったことは無いだろうか?

従来これらを実現するのはPOSの役割だったかもしれない。
だが良く考えて欲しい。
POSを通る瞬間は消費者が既に手にしている段階だ。

そのタイミングでアパレルを仕入れようと思っても、時既に遅し。
仕入れられる筈が無いのだ。
実際アパレルのSSシーズンの展示会は今行われているからだ。POSを通るタイミングに現物など無い。

つまりは遅すぎるのだ。
小売店が欲しがっているのはhaveでは無く、want。

そして、このwantを集積しているサービスがこのSumally (サマリー) なのだ。

Sumallyでは、wantの時系列×件数でランキングも作ることが出来るし、
絞込みでジャンル、性別なども設定ができるので何が欲しがられているのだかのニーズを把握をすることが出来る。

更に踏み込めば、まだ作っていないアパレルや服飾雑貨などのサンプルをSumallyにアップロードして、ユーザーの反応を見ながら生産枚数を決めると言ったこともできる筈だ。

可能性が満ち溢れているSumallyから目が離せませんね。
代表の山本さんは私と同じくフジロッカーだそうなので、是非今度話を聞いてみたいものだなぁと思います。

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement