Stores.jpが無料梱包キットを提供開始!超顧客サービスの狙いとは?!

タグ: ,


こんにちわ、ハマケンです。
最近Stores.jpの動きが激しいですね。

なんとユーザーであれば、無料で段ボールが貰えるそうです!
つい先日も無料でショップロゴを作成しますよ!と言ったStore.jp。
超顧客主義とも取れる、スタイルにはかなり好感を覚えます!

Stores.jp 梱包キット提供サービス


Advertisement



4サイズの段ボールとガムテープ

今回Stores.jpが提供するのは、4サイズ(100サイズ・80サイズ・60サイズ・50サイズ)の
梱包用ダンボールとガムテープです。
Stores.jpやBASEの様なC2Cのイメージが強いサイトは手作りの商品が多いため、
100サイズもあれば結構十分の様な気がします。

ECサイトをしていると、地味に段ボールってひな形代にお金がかかるので、
ランニングコストを抑える意味では非常に嬉しいサービス。
ひな形も大体保持期間が1年だったりするし。(売れてる店は次々発注するから、かからないんだけど。)

この梱包キットサービスは、Stores.jpのオーナーなら誰でも利用ができるサービスです。
有料と無料に差があり、無料の場合は、月5個まで。
元々無料オーナーは出品に切り替えることができる商品が5個なので、丁度良いかも。
有料オーナーは、月無制限で段ボールを頼めるが、1回の発注につき、10個まで。

しかし無料はすごいなぁ。
大口発注でコストを抑え、有料への導線を強化しているのだと思うのですが、
どれ位の効果があるのだろうか・・。

ある程度リードがあるお店なら有料に踏み切るべきでしょうね。

Stores.jpはこの他にも色々無料サービスがあります。

ストアカードに関しては、『これも無料?! Stores.jpとraksulの業務提携でストアカードを提供。』でも書いてありますのでご参考ください。

マネタイズへのシフト

以前、『Stores.jpが25,000店舗を突破。しかしまだ残る課題。』という記事を書いた時に
どうやってアクティブオーナーを増やしていくか?という事を課題としてあげました。

恐らくこのアクティブオーナーを増やす手段の一つが「有料制に移行させる」ことなのだと思います。
誰でもお金が課金されてると、払い負けたくない心理が働いて、ある程度頑張るモノです。
Stores.jpは辞めるという概念がないのも、良いモデルだな、と思います。

と言うのは、PRのキャッチコピーとしては、『●万店舗が使っている』とずっと言えるし、
数は増えていく一方だからです。
アクティブ率を図るとBASEとStores.jp、どっちが高いのでしょうね。

ちょっと気になる所ではありますが、現状そんな事を調べても意味ないですね。
どちらも素晴らしいサービスだとは思うし、世間を驚かせていって欲しい。

まだまだ目が離せません。
一度会って話してみたいなー。
どんな人達なんだろう。

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement