「今あるソーシャルサービスを、昔のモノで例えれば、、」のイラストがツボ。

タグ:


こんにちわ、ハマケンです。
現時点ではソーシャルネットワークサービス自体は切り離せないものになっていますよね。

僕は1981年生まれの32歳です。
考えてみれば、中学生の頃なんて、携帯電話すらなかったし、
友達に連絡を取る手段は家電で「ダレダレ君、居ます?」みたいな感じだった。

当然ソーシャルネットワークサービスなんて何一つなかった訳ですが、
元々はアナログで存在していたモノがWEBに変換され、リアルタイム性と拡散性を
兼ね備えて進化してきた訳です。

今あるソーシャルネットワークサービス(長いな・・)を昔で言えば・・
というのをカナダの漫画家「John Atkinson」さんが、解りやすく表現してくれました!

vintage social networking


Advertisement



なんとなく納得


って言うか役割をうまく表現していて、解りやすいw。
あー、そうそうって感じです。

youtubeを窓の外に広がる景色にしたのは、個人的にはツボ。
中学校の頃、床に寝っころがりながら、窓から見える空をボーっと
眺めていた時の事を思い出しました。

こういう風にサービスを見れれば、自分に必要かどうかって
解りやすいですね。

僕には、Pinterestは向いてないかもね。

他にもオモシロイ、イラストが沢山ありましたよー。

ジョンアトキンソンさんのギャラリー




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement