マレーシア航空の被災者に黙祷を。60秒のオフラインは世界を変えるか?

タグ:


こんにちわ、ハマケンです。
「Minute of Silence」と言う言葉をご存知ですか?黙祷ですね。
マレーシアの方々にとって2014年はどの世界の人より忘れられない年となっている事でしょう。

マレーシア航空370便が3月8日に消息を絶ち、そこから5カ月後に17便がウクライナで撃墜されたことは、皆様の記憶にも新しい事だと思います。

マレーシアでは、国民の日(8月1日)の早朝に1分間の黙祷を捧げた裏で、Minute of Silenceと言うサイトでも黙祷の輪が広がっていました。このサイトの趣旨は、WEBに没頭する世界中の人々から、「60秒」オフラインに戻ってきてもらって黙祷を捧げてもらおうと言うものです。

サイト上では黙祷された回数がカウントされ、今現在もカウントが少しずつ増えています。

私自身もつい先日このサイトを知ったのですが、あまり周りでは知られていない様なのでシェアさせていただきます。

Minute of Silence


Advertisement



動画はこちら。


黙祷はとてもシンプルです。
サイトにスマホでアクセスして、機内モードにするだけ。

カウントダウンが開始されます。

忘れないと言う気持ち。

東日本大震災もそうですが、重要なのは忘れない気持ちですし、誰かの為に少しでも良いからできる事をするという事です。

個人的にはこの様な大惨事がwikiなどの文字の配列に置き換えられてしまうという事が非常に怖い。文字になった瞬間に「記録」になってしまう気がしてしまうのです。

だから不定期でも良いし、その日の数分でも良い。
少しだけその時の記憶を思い出しつつ、「今なら何ができるんだろう」と考えることが重要だと思います。

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement