これは要チェキ!話題のプログラミング学習サービス「CODEPREP」にRubyが登場!

タグ: , ,


こんにちわ、ハマケンです。
最近プログラミングを一から勉強し直そうと思い、なんか良いサイト無いかなーと友人に聞いたところ
CODEPREPと言うサイトを教えていただきました。
ゲーミフィケーションを使って、実践しながらできるので楽しく勉強できるとのことです。

欲を言えばRubyを知りたいなぁと思ってたのですが、やり始めた当初はRubyが無かった。。
しかし!ついに『はじめてのRuby』が登場したので嬉しい限りです!

CODEPREP -オンラインでプログラミングを学ぼう-


Advertisement



CODEPREPとは

サイトの中から引用させていただきます。

CodePrepは、アプリ開発で学ぶプログラミング学習サービスです。
これまで、プログラミングを学ぶだけなら、本を買ったり、web上のリファレンスを見たりすれば、学ぶことができました。しかし、プログラミング学習において最も重要なのは、「継続すること」と「成功体験」だと私たちは考えています。
CodePrepでは、そんな小さな成功体験を積むことと毎日こつこつコードを書くことの2つを習慣にすることを目的としたサービスです。
CodePrepのゴールは、「プログラミングを使ったことがない(でも興味はある)初心者が基礎から学べて、アプリをつくることができる」サービスになることです。一緒にプログラミングの世界に飛び出しましょう!



最終的なゴールはアプリ開発となっています。
ズブな素人で楽しくやりたい私にはぴったり。

教材は、HTML、CSS、Javascript、RubyなどWEB開発者なら知っておきたいモノが沢山。

一つ一つの教材はチャプター形式になっていて、何をどういった順番で習得できるかが解る様になっています。

CODEPREPは実戦形式且つリアルタイムで学習をしていく事ができます。

見事正解すると「Clear!」の文字が。チャプターをクリアしたり、科目を終えるとドンドン
経験値がたまり自分が成長している感ビンビンです。

個人的に良いなと思った点

やはりゲーミフィケーションの仕組みだと思う。
こういうサイトを利用する時点でモチベーションは確かに高いユーザーが集まるとは思うのですが、日々の忙しさや煩わしさで学習から遠ざかっていくという事はあります。

以前ゲーミフィケーションを利用した学習サイト「Share Wis」で頑張ってみる。と言う記事を書きましたが、やはり学習に面白み(フィードバック)は付き物だと思います。
少しの仕組みだけでも継続していく理由になると言うか、またサイトに回帰することにはなるかな、と。

CODEPREPは本当に初心者向けに作ってくれているという事も良いですね。
簡単に解ると言われても概念などを理解する点が素人には一番ハードルが高い所です。

高校の頃に元・代ゼミの古文講師でおられた(今は東進かな?)吉野敬介さんが
著書「お前はバカじゃない」でこんな感じの事を述べていました。

確か、、の抜粋
「いきなり難しい文章を読んでも全く頭に入ってこないし、解らない。桃太郎を読んで途中で意味が解らなくなるって事はないでしょ?それは国語の基礎ができているからなんだよ。」
と言う感じだったと思う。

CODE書く事も同じで、まずは概念や出てくる言葉のボキャブラリーを増やして基礎を作ってからじゃないと、もうちょっと飛躍する事は難しいのかなと思います。

まずは続けてやってみる。
解る様になればもっと複雑な本やサイトで情報を集めるも良し、
いきなりサービス作るのはもっと良し!な気がします。

ご興味ある方は是非チャプターを一通り終えてみては如何でしょうか?
既に習得されている方も復習がてらやってみるのもありな気がしますよ。
どんどんCODE書ける人が増えて、どんどん面白いサービスが増えれば私的には最高ですけどね。

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement