【動画】え?何これ?!コーラ1本は実は2本!クリエイティブすぎるぞ、コカ・コーラ!

タグ: ,


こんにちわ、ハマケンです。
1週間ほど前ですが、『【動画】コカ・コーラのOpen Happinessがカッコよすぎて、なんかヤル気が出た』の
記事が急に話題を呼びまして、一日にして「いいね!」が480件になったりしてびっくりしましたが。
コカ・コーラのプロモーションはやはりストレートに面白い!が言える内容にあります。

老若男女誰でも素直に、瞬発的に面白いと思い、シェアしたくなるプロモーション。
それを打ち出しやすい商品とブランドを兼ね備えたのがコカ・コーラかなと。

そんな中、今年の夏にコカ・コーラは一つの缶をなんとネジって分離して
物理的に缶をシェアすると言うシンプルで画期的なプロモーションを実施しました。
説明するより動画みた方がいいですね。どうぞ。


Advertisement



この缶普通に発売して欲しい。

【動画はこちら】

「Coca-cola Sharing Can」のプロモーションのきっかけはとてもシンプル。
今までコカ・コーラは様々なOpen Happinessを提供してきましたが、
唯一できていなかったのは商品自体をシェアするという事でした。

共有できる時間や体験は今まで提供していただけに、灯台下暗し!
単純にコーラをシェアしていない。

と言うところから「簡単に缶をシェアする方法」を考え、この1缶をネジって2缶にすると言う
結論に至ったそうですよ。

良いですね。
30過ぎると思うんですが、もう350mlのコーラって飲みきれなくないですか?
少なくとも一番おいしい時間で飲み終わるのは無理です。

そんな中、会社の自販機では平然と500mlのペットが置いてあったりする訳ですが。
たまに赤コーラをめちゃくちゃ飲みたくなるんですよね。
でも量が多い。量的にはホントちっちゃいコップ一杯位で良いんですよ。

これを出来れば普通に販売して欲しいと思ったりする。
1本買って、2本にして誰かにあげるときっと良いコミュニケーションにもつながったりするかなーと
思ったりもしました。

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement