UNIQLOの「Clothes for Smilesプロジェクト」のコンセプトが良すぎる。

タグ: , , ,

こんばんわ、ハマケンです。
個人的にこういうコンセプトを持ったサイトやサービスは大好きです。
早速ご紹介します。

Clothes for Smilesプロジェクトって?

サイトから言葉を拾うと、Clothes for Smilesプロジェクトは、
ヒートテックとウルトラライトダウンの売り上げから10億円のファンドを設立し、
未来を創る子供達に夢と希望を提供していこうというプロジェクトです。

10億の半分5億はUNICEFの支援、そして残り5億をサイト上でアイデアを募集して
決定していくそうです。




アイデアは現時点で265個。参加国は31カ国となってます。
プロジェクトの流れは年内一杯でアイデアを募集し、年明けから審査を行い、
2013年3月に採用アイデアが発表されるそうです。

で、審査員がすごいんです。
柳井さんは当然として、あのノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌスさんも
審査員として参加しています。

ターゲットが「未来をつくる子供達」になるので、適任な気もしました。
ちなみに安藤忠雄さんは、我が高校を設計してくださったそうです。
なんか縁を感じますw

どうやって参加するの?

このプロジェクトに参加する方法は以下の2つ。

1.商品を購入
ヒートテックかウルトラライトダウンを購入すると、売上のうち10億円が
このプロジェクトのファンドの原資となります。

2.アイデアを投稿
このファンドを有効に使うための活用方法を考えていただき投稿してください。

こういう民間企業の進めていくプロジェクトは、ワクワクしますよね。
SNSの普及と共にかなりミエル化されているので、進捗も確認しやすいです。
投稿やコメントなどに関しては、Facebookもしくはtwitterのアカウントが
必要になります。

ちなみに、、

すごくコンセプトに共感したので、夜中の2時にも関わらず、考えて投稿しました。
投稿時間がラッキーなことに2:22でした。サイト名60-minutes.bizの通り、
60分以内で投稿できたので、良しとします。

良かったら、アイデアの「Like!」を押してくださいまし。

『保育園と老人ホームを同じ場所に建設する。子供は老人から人生を学び、
老人は子供から笑顔を貰う。そうした施設を可能な限り世界中で建設し、
ネットワークでつなぐ。』

重要なのは、、

アイデアが採用されるとか、そういうことじゃ無いですね。
『まずは行動すること。』
これに尽きるのではないでしょうかね。

日本でも珍しいチャリティコンペ。
是非、参加をしてみては如何でしょうか?
それでは!




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement