2020.05.23タグ: , ,

約4ヶ月の在宅で解った、在宅アイテムBest10

Pocket

実際のハマケンの在宅環境です。

こんにちわ、ハマケンです。

私が働いている会社は在宅開始が始まったのが1月末からという事で、全国的にもかなり早い段階でスタートしました。

6月からそろそろ在宅から、在宅MIX、時差出勤に戻りそうな気がしています。とは言え東京都の緊急事態宣言が解けるまでは何とも言えませんが、在宅開始からの4ヶ月で少しずつ自宅の在宅環境を整え、後半の2ヶ月はかなり生産性も高く維持できました。

その秘訣は、便利でコスパ良しのアイテムがあったに他なりません。

会社の環境ってすごかったんだな。。と改めて思った方も多かったはずです。

と言う訳で、本日は在宅を快適に支えてくれたアイテムをご紹介します。

1. マルチディスプレイ

会社でもマルチディスプレイで作業をしている事が多い私としては、必須。

特にブログを書いたりする時は、資料を読んでいたり画像編集などをするので、やはり必要です。採用の手伝いをZoomでしたりしましたが、その際も印刷環境が無い自宅では履歴書などを表示しながら、会話すると言った事もできたので、ディスプレイは必須です。

友人から以前貰ったので、無料だったのが超ラッキー。
技術者では無いので、1440 x 900程の解像度で十分。

2. Bluetooth対応のトラックボールマウス

今回選んだのはサンワサプライのMA-BTTB1BK。本当は傾きが替えられるタイプが良かったのですが、値段が上がってしまうので断念。

出来るだけ狭い空間でマウスを動かしたくなかったので、過去に使った事があるトラックボールタイプを選択。最初はなれませんが、今や超快適。マウス側に戻る、進む、チルト機能もついているので、エクセルの横移動なども楽ちん。

いやー、重宝してます。

3. Bluetoothキーボード

こちらもサンワサプライ。購入したのはSKB-BT31BK。

Bluetoothは必須要件だったのですが、一番重要なのは打鍵感です。
会社ではIBMのUSB接続のキーボードを使っていたのですが、それと非常に似た絶妙な沈み込みと軽さ、EnterやCtrl、Shiftなどよく使うボタンのピッチがいくつか試した中では一番良かったです。

USBで充電できる点とテンキーがついている点も評価。
後はなんせ非常に薄くて、軽く、小さい!基本ディスプレイ、マウス、キーボードこの3つで生産性の50%以上は占めてる気がする・・。

4. USBハブ

やはりスマホを中心としてなんやかんやであると便利なものがUSBハブ。

USB3.0、4ポートで個人的には60cmが結構重要でした。
短すぎると視界に入る場所にケーブルが集まってきて、汚くなりがちなんですよね。

5. スピーカー

作業中にはどうしてもSpotifyなどで音楽を聴きたくなってしまいますよね。
PCから出る音はどうも好きになれないので、ロジクールのPCスピーカーを準備。これはウチの社長からのもらい物。安いのに音は十分良いんすよね。
この値段ならコスパ最強の一つだと思う。

6. ゲルクッション

在宅開始して最初の1ヶ月は本当に腰とおしりの痛みに悩まされました。

会社の何人かに聞いたらゲルクッションがすっごい良いと言う話を聞いて、早速購入。腰の痛みはなくなりはしないけど、正直かなりマシになりました。
おしりが痛くなくなったのが嬉しいし、なんせ座り心地が抜群です。

私が仕事を休んでいると勝手に娘が在宅勉強で使う位快適ですw

7. AUDIOFLYのマイク付きイヤホン

Zoom会議などであったら便利No1は間違いなくマイクとイヤホンでしょう。

Bluetoothタイプとも迷ったのですが、接続不良や充電の事を考えるとラインタイプ。ヨドバシアキバで色々試した結果、音質やマイクのボリューム調整もついているAUDIOFLYに決定。

これ普通にめちゃくちゃ音良いし、マイクの性能も全く支障ありません。会議中に聞いたらかなりクリアに聞こえるという事でした。自分じゃ聞けないから実際どれ位なのかが解らないのが残念。

でも通常出勤に戻る事も考えると、カナルタイプのこれが良いのです。断線しにくいケーブルですし、お勧めです。

8. ナカバヤシのライフスタイルボックス

このナカバヤシのライフスタイルシリーズを紹介したくて、今回の記事を書いていると言っても過言ではないだろう。

これ本当に良いです。折りたたむと非常にコンパクトになっていて、展開するとこんなにも入るの?って位にオフィスグッズをコンパクトにしまってくれます。

冒頭画像の壁とディスプレイに沿うように建てているのがそれです。

色々種類があるのですが、私はライフスタイルボックスのMサイズがベストチョイス。

実はこれ一つでボールペンやスマホ用の3脚、充電ケーブル、イヤホン、付箋など必要なものは全部収納できてしまうので、狭いデスクの上がめちゃくちゃ整います。これはお子さんがいらっしゃる方にもお勧めです。感動しますよ。

9. ベルキン ライトニング デュアルアダプター

私の場合は、スマホのカメラをWEBカムとして使う事が多く、イヤホンもスマホに挿しています。その為iPhoneなどの場合は充電しながらイヤホンを通常アクセサリーだと利用できません。

Zoom接続していて、画面共有している時に切れそうになってヒヤヒヤした覚えがありますが、これのお陰で安心。

10. 100均のマグネットシートとスマホ三脚。

100均て本当に最高です。画像は100均のものではありませんが、マグネットシートは冒頭の画像では目の前の壁に貼ってあるものです。

マグネットシートなので金属系のものであれば貼っておけるのですが、メインは付箋紙を貼れるという事です。結構アナログな事やっていた方が良いアイデアでるタイプなので、Todo管理などは付箋を使っています。

これやると一気にオフィス感でるのでお勧めです。

あとはスマホスタンドの3脚。ダイソーには足をクネクネできる三脚が売ってますので、十分これで対応できます。

全部で1.4万位でした

今回ご紹介した商品の内、ディスプレイとスピーカーは頂き物なので、コストに入らなかったのですが、それ以外は全部揃えても1.4万円位で購入できました。

これらのアイテムはアフターコロナであったとしても、家で集中したりする時には役に立つものばかりです。私は毎日コツコツプログラムの勉強をしていますが、この環境のありなしでは全く習熟度が変わってきてしまします。

間もなく在宅が終わる方もいらっしゃると思いますが、コロナ関係なく自宅の環境を整えて損は無いと思いますよ!

それでは。

Pocket

タグ: , ,


hamaken

Author : Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は越境ECの仕事をがっつりやってます。フォロー大歓迎です。


よろしければ、どうぞ