【動画】DHLがライバルに自社を宣伝させる荒業マーケティングを実施?!

タグ: ,

こ、、これは一体!!!
こんにちわ、ハマケンです。
今、流通業界で話題になっている動画があります。
その動画は
『DHLが自社広告のメッセージが入ったダンボールを、UPSやFEDEXの様な他社に運ばせる』

と言う最早タブーもポリシーも無い御法度をやってのけているという動画。

しかもこのダンボール一時的に-4℃で冷やすと真っ黒になり、
メッセージが荷物を詰め込む時には解らなくなり、徐々に出現すると言う手の込み用。

さて公式か、非公式はさておき非常に悪戯としても面白かったのでご紹介します。


Advertisement


こちらがその動画

こちらがメッセージが書かれた段ボール。
DHLカラーで『DHL IS FASTER』とメチャクチャ目立つ感じで書かれています。

-4℃で冷やすとこんな感じに真っ黒に。

何も知らずに荷受けして詰め込むUPSの方。

そしてDHLの広告メッセージを思いっきり出しながら歩くライバル各社ww

これは一体・・・

なんとこの動画は勿論、このプロモーション自体はDHLが公式の広告としては出していないそうです。

じゃぁ一体誰が・・・。
DHLはこんな告知を出しています。

“This was not something that was initiated by DHL. The video was created by an external agency for their own internal competition. We were aware in advance of the intention to use it for this purpose. We were not aware of any plans to share it externally.”

(多分こんな訳↓)
このビデオは、外部の企業の社内コンペのために作成されたんだ。
私たちは、これに付随する用途での使用は承諾していたけどさ、
外部にシェアすることは一切許可してないんだけどね。

とまぁこんな感じにこんなにバズらせる予定も一切なかったよって事ですね。

こうやって温度を使った遊びの方法も頭の引き出しにしまっておきましょう。

それでは。




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement