【動画】蘇る1989年、日本GPの記憶。セナが再び降臨!HONDAの技術すご!

タグ: ,


こんにちわ、ハマケンです。
1989年、鈴鹿と言えばセナとプロストのマクラーレン・ホンダ対決が記憶に蘇りますね。
小学生だった僕は、テレビの前にかじりついて観ていたのを思い出します。

1980年代、Hondaはアクセルやエンジンの動きを記録して解析する
「テレメントリーシステム」をF1に導入し、ドライバーを世界最高の地位に
のし上げました。

1989年日本GP予選でセナが樹立した世界最速ラップ、その時の「記憶」を
テレメントリーシステムから呼び起こし、Hondaがとんでも無い事を実行しましたよ!

1989年にタイムスリップ!


Advertisement



蘇るセナの空気

このテレメントリーシステムを使用して、実行するHondaの発想がスゴイ。
コース上におびただしい数のスピーカーと照明を設置していきます。

1989年日本GP予選のセナの記憶を降臨させます。

コース上に配置した照明でセナの動きを、音は当時のままです。

なんか言葉いらないっすね。
それでは!




[ あわせて読みたい ]

この記事はいかがでしたか?

ハマケン Hamamoto Kensaku

会社員ブロガーです。スタートアップやマーケティング、個人的に面白いなと思った動画をアップしていきます。最近は薄毛をどうにかリポジショニングできないか考えています。お気軽にフォローをお待ちしておりますー。



Advertisement